新着情報

ニュース

2018年08月28日
企業向け機密文書処理費用無料サービス 

TAAS株式会社が、鍵付きの機密書類専用の“ゴミ箱”にモニターを設置し、企業広告を流すことで、処理費用を無料にするサービスを始めた。

 

同社は、昨年9月、契約企業に機密文書専用の回収箱を設置し、溶解処理を行ったのち、古紙に再生、それらを企業が希望するロゴ入りなどのメモ帳などのノベルティーグッズを作り発送する有料サービスを開始した。これで、処分した機密文書が再利用され循環する工程が可視化し、企業は国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献できる。

 

機密文書処理無料化に向けてについては、今年7月、「デジタルサイネージ機能を備えたゴミ箱」の開発費を、日本クラウドキャピタルの株式投資型CFサービス「FUNDINNO」で上限額8,500万円を募集したところ、3時間8分で調達が完了した。賛同企業にゴミ箱が設置され、提携先の溶解処理業者に日本郵便で送られる。その後、ノベルティグッズに姿を変えるという。

 

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ