新着情報

ニュース

2018年06月14日
大阪府東大阪市 ごみ処理施設で発電した電力売電収入9億円

大阪府東大阪市は、2017年3月に本格稼働したごみ処理施設で、発電した電力の売電収入が当初の想定額をはるかに上回り、約9億円だったと発表した。同年に発電された電力は9,500万kWhで、約7,400万kWhを関西電力に売電した。同施設の年間の運営費は、約40億円で、この売電収入を運営費の一部に充てる。

 

同ごみ処理施設は、東大阪都市清掃施設組合が運営する第五工場。西日本の発電機があるごみ処理施設の中で最も発電効率が高い。ごみを焼却する際の余熱を利用して蒸気タービンを稼働させ発電している。