新着情報

ニュース

2018年06月08日
愛知県東浦町 ごみ袋値上げへ

愛知県東浦町が、2019年4月から指定ごみ袋を1枚13円~35円値上げすることがわかった。6月7日に開催された町議会6月定例会で、関連条例の改正案が提案された。これは、ごみの減量と財政負担の軽減を狙ったもの。町役場での販売価格は45lが1枚10円から45円に、30lが8円から30円に、20lが7円から20円に値上がりする

 

町内の一般廃棄物は、同町と大府市、豊明市、阿久比町が運営する東部知多クリーンセンターで処理されている。施設の負担金は、ごみの搬入量などにより決定しており、本年度は

5億4775万円で全負担金額の21.9%。町民一人一日あたりのごみの排出量は、2016年度は528gだった。

 

同町は、同改正により、家庭ごみの排出量2割減を見込んでいる。

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ