新着情報

ニュース

2018年05月10日
奈良県香芝市 住民4人が廃棄物問題で組合を提訴

奈良県香芝市の廃棄物処理業者が、隣接する広陵町のごみを不正に同市の焼却施設に持ち込んでいた問題で、住民4人が、処理業者を運営する組合を提訴した。

 

訴えでは、香芝市のごみの処分単価が広陵町より2円安いため、処理業者が処理費用を浮かし、利益を得ていたのではと主張。また、同市が、同業者に対し30日間の業務停止の行政処分を行ったが、税金で隣町のごみを処分したことは重大で処分が軽すぎるとし、2013年7月から2017年5月までの処分費用を合わせ約1,900万円を請求するよう求めている。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ