新着情報

ニュース

2018年05月07日
中国の廃棄物輸入規制が国内の古紙、鉄スクラップ、航路などに影響

中国が環境対策として行っている廃棄物の輸入規制により、国内の古紙価格の下落や、鉄スクラップなどの輸出減、輸送を行うコンテナ船などに影響が出始めている。

 

中国は、今年3月から古紙の不純物の割合の上限を1.5%から0.5%としたため、中国向けの古紙輸出量が激減。1~3月の輸出量は前年の同時期の40%減少している。その影響で、古紙の問屋が回収業者などから仕入れる価格が1kg10円となっている。これは、昨年の夏より2円の下落。

 

また、雑鉄スクラップの輸出量も激減している。今年1月は昨年に比べ70%、2月は20%減少した。これは、中国の処理業者が不適切な処理を続けたことで、土壌汚染問題が深刻化し、政府が輸入規制を強化し、昨年から価格が下落した影響がある。

 

さらに、コンテナ船などへの影響も少なくない。従来は、中国から欧米へ家電や家具などを運び、復路で、古紙や鉄スクラップを運んでいたが、復路が空になることでコストがかさんでいる。日本から中国へのコンテナ輸送量は、前年度と比べ36%減少しているという。

 

 

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ