新着情報

ニュース

2018年04月23日
積水化学工業 廃棄物からエタノール大量生産技術開発

積水化学工業株式会社は、微生物を利用して廃棄物を丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に成功した。これは、廃棄物を分別せずにエタノール化が可能な技術で、世界初。

 

同社は、オリックス資源循環株式会社の廃棄物処理工場の協力を得て、2014年より実証実験を進めていた。2019年度の商業化を予定しており、1年に2~4基を普及させていきたいとしている。オリックス資源循環は、様々な廃棄物を高温で蒸してガスを取り出す処理を行っている。

 

微生物は、米国のランザテック社が開発した。積水化学工業が優れた微生物の選別を繰り返し行い、一般的な微生物の10倍以上のエタノール生産速度を上げた。反応を促進するための加圧や加熱が不要で運転コストの削減が可能となった。

 

各自治体からの関心も高く、今年3月までに20の自治体が実証機を見学したという。自治体は同機を導入した場合、エタノールを販売することで収入を増やし、廃棄物処理のコストを削減できる。

 

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ