新着情報

ニュース

2018年04月23日
総務省 熊本県の産業廃棄物最終処分場を調査

総務省が、環境省から補助を受けている熊本県の産業廃棄物最終処分場「エコアくまもと」の調査を行っている。既存の処分場が容量不足だったため、同施設は、総事業費約70億円をかけて県主体で建設。整備期間は、2013年度から2015年度。公益財団法人「県環境整備事業団」が運営している。補助を受ける際、処分場ができることによって不法投棄がなくなり、年間の除去費用が一切なくなるとしていた。しかし、総務省の調べでは、既存の処分場が満杯ではない状態でも不法投棄が発生している。また、県が把握するものだけでも2016年度は年間100件以上の不法投棄があったといい、処分場の容量が増えたとしても不法投棄はなくならないと指摘している。

 

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ