新着情報

ニュース

2018年02月13日
青森県外ケ浜町 ホタテ残渣処理施設の計画進まず

年間11,000tのホタテの漁獲量がある青森県外ヶ浜町は、ホタテの残渣処理施設の建設計画が進まず、処理に悩んでいる。これまでは、町内の焼却施設で処理する他に、隣接する中泊町の業者が残渣を堆肥化していたが、2018年度からは協力が得られなくなった。そこで、残渣の堆肥化施設の建設計画を策定したが、町の住民から悪臭などの懸念から反対運動が起こっている。

 

建設が予定されていたのは、蟹田地区の下水処理場隣接地。同町は、住民説明会を4回開催し、理解を求めたが一部の住民から反対意見が出たことから、着工のめどはたっていない。

 

また、県内で5割のホタテの漁獲量の平内町でも、焼却施設が老朽化しているが、新しい施設の建設の問題がコスト面などの問題で、とん挫している。

 

漁協関係者は、ホタテの残渣処理について対策を急ぎ、まずは住民の理解を得て、処分システムを確立していきたいとしている。

 

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ