新着情報

ニュース

2018年02月09日
株式会社新菱 太陽光パネルリサイクル処理事業参入

三菱ケミカル傘下の株式会社新菱が、2019年から太陽光パネルリサイクル事業に参入することがわかった。パネルの封止材を熱分解する炉を設置し、リサイクル率を上げる手法を使うという。設備は、北九州市の三菱ケミカル・黒崎事業所の工場に導入し、シリコン系と銅・インジウム・セレン系の製品に対応する。

 

シリコン系の場合、リサイクル率は95%。廃パネルのアルミの枠を解体し、バックシートを除去後、炉で封止材のエチレンビニルアセテート樹脂を熱処理。ガラスやセル、銅線は回収する。他の手法の場合だと、ガラスを破壊する必要があるという。

 

まずは、試験的に炉を設置する。処理能力は、最大で年間約60,000枚。ゆくゆくは、年間120,000枚を処理可能な炉を導入したいとしている。2019年には、同事業の許可が下りる予定で、2018年には、廃棄パネルの再利用事業を開始する。回収した製品を洗浄後、中古業者へ卸すという。

 

廃太陽光パネルについては、2030年頃から増加し、2040年頃には、年間約80万tの廃棄量となる見通しで、環境省がリサイクルに向けたガイドラインをまとめ、推進を促している。

ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ