新着情報

ニュース

2018年02月08日
日本鉄リサイクル工業会 1月の国内鉄スクラップ市況まとめる

日本鉄リサイクル工業会は、1月の国内鉄スクラップ市況をまとめた。これによると、関東、の炉前渡し・H2相当は,1t当たり、36,500円~37,500円(前月末比2,000~2,500円高)、中部地区は、37,000~38,000円(1,500円高)、関西地区は35,500円~37,000円(500円高)だった。

 

高値の傾向である国内と相反し、中国の鋼材などの価格は下落。欧米鉄スクラップの制約価格も1t当たり15~20ドル下がり、韓国鉄鋼メーカーの鉄スクラップ買取希望価格も下落した。月末時点の韓国向け輸出価格は、月初から2,000円下落の35,500だった。

 

一方、国内の建築、土木向け鋼材需要は、回復の兆しを見せ、2017年の電炉メーカーの粗鋼生産が2,532万t(前年比8.8増)と高い生産量だった。

tstock
tstock
ドライバーズキャリア
不法投棄撲滅SNS「ミハリバン」一般社団法人NIPPONごみゼロプロジェクトが運営しています。

MY エコノハログインはこちら

産業廃棄物処理業者様の集客アップから産業廃棄物業界の様々な問題解決までエコノハは産廃処理業者のサポーターです。

評価ランキング

イベントカレンダー

     

エコノハからのお知らせ