新着情報

ニュース

2017年08月09日
「大成産業(三重県)」・「トライジェンパワー1合同会社(東京)」バイオ燃料製造計画に認定

三重県松阪市の林業「大成産業」と東京都千代田区の「トライジェンパワー1合同会社」が農林漁業バイオ燃料法に基づき申請していた「松阪市木質バイオマスガス製造事業」が、8月4日、「生産製造連携事業計画」に認定された。同認定で、農業改良資金融通法等の特例、バイオ燃料製造施設に関わる固定資産税の軽減、中小企業投資育成会社法の特例、産業廃棄物処理事業振興財団(東京都港区)の債務保証等の支援措置を受けることが可能になる。

 

同事業は、大成産業が木材チップを供給し、トライジェンパワー1が木質バイオマスガスを製造する。木質チップの供給目標は、年間300tで、木質バイオマスガスの製造目標は、440,000Nm3。事業実施期間は、2017年8月21日から2022年3月31日まで。

 

今回の認定で、認定累計件数は22件となる。