新着情報

ニュース

2017年05月08日
日立システムズパワーサービス「概念実証(PoC)サービス」本格展開

日立システムズパワーサービスは、IoTにAI分析を加え、ごみ焼却炉の運転効率、燃焼効率を向上させる「PoC(概念実証)サービス」を本格展開する。試験適用先は、廃プラスチックなどの産業廃棄物や医療廃棄物を受け入れている東京電力グループの東京臨海リサイクルパワー株式会社の焼却炉で、今般、医療廃棄物の焼却炉において、処理量を増やせる施策を確認できたという。