エスク三ツ川株式会社

エスク三ツ川株式会社は、来年で創業60年。身近でかつ深刻な環境の問題に真摯に取り組み、事業を展開してきました。「環境はデータから」をコンセプトに、古くより大阪本社内に環境分析室を備え、各種測定・調査業務を行っています。
また、様々な産業廃棄物の収集運搬、中間処理、リサイクル、協力会社による最終処分までトータルでプロデュースいたします。

ご用命はこちらへ
担当:統括本部 企画課 三ツ川 洋生
TEL:072-871-1065

産業廃棄物の収集運搬から再資源化まで一括管理。

 

複雑化、高度化する産業廃棄物に対し、収集から処分場への搬入処理まで、作業時間や待機時間、走行距離の短縮化、 収集・運搬取扱量の標準化、排出事業者の状況、運搬先の処理施設の状況を安定に処理を行っています。 また、エスク リサイクルセンター(再資源化工場)を設置し、産業廃棄物の減量・リサイクルに重点をおくことで、 環境への負荷の軽減を目指しています。

 

◆事業内容

 

エスク リサイクルセンター再資源化工場による産業廃棄物中間処理の流れ説明産業廃棄物中間処理(再生)

産業廃棄物中間処理・再資源化による減容固化・選別破砕イメージ 廃棄物処理法に基づく産業廃棄物処理施設としてエスク リサイクルセンター(再資源化工場)を設置し、 廃棄物の選別や、破砕、減容固化の中間処理を行っています。


エスク リサイクルセンター再資源化工場による産業廃棄物収集運搬の流れ説明産業廃棄物収集運搬

廃プラ・汚泥・廃油・金属くず等の産業廃棄物収集運搬車イメージ産業廃棄物収集運搬"> 燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、金属くず、ガラスくず、鉱さい等、企業から生じた多岐にわたる産業廃棄物の収集運搬を行っています。


エスク リサイクルセンター再資源化工場による特別管理産業廃棄物収集運搬の流れ説明特別管理産業廃棄物収集運搬

爆発性・毒性・感染性の特別管理産廃物収集運搬車イメージ 爆発性、毒性、感染性において、通常の産業廃棄物より厳格な管理・保存・処理基準が法律によって定められた、廃棄物の収集運搬を安全に行っています。



感染性廃棄物収集運搬(医療器材・衛生材料等の医療系産業廃棄物収集運搬)感染性廃棄物収集運搬

医療器材・衛生材料等の医療系産業廃棄物における感染性廃棄物収集運搬イメージ 医療器材やディスポーザブル製品、衛生材料など、医療関係機関等から生じた病原体の感染もしくは、そのおそれがある廃棄物の収集運搬を安全に行っています。

 


会社名 エスク三ツ川株式会社(エスクミツカワ)
所在地 〒574-0077 大阪府大東市三箇4丁目18番18号Google Mpasを表示MAPを見る
設立年月(西暦) 1969年02月
資本金 30,000万円
従業員 70人
取り組み内容 優良性評価制度 ISO14001取得 エコアクション21取得 プライバシーマーク取得 電子マニフェスト導入 再生事業者登録 排出者の声 リサイクル製品
登録団体情報 社団法人 全国産業廃棄物連合会  社団法人 大阪府産業廃棄物協会
部署及び役職 統括本部 企画課
担当者名 三ツ川 洋生
担当者連絡先 TEL:072-871-1065/FAX:072-875-4176